桐谷さん登場!東証IRフェスタに参加してきました

先週の話ですが、桐谷さんの講演会を聞くために、有楽町の東京国際フォーラムで開催された東証IRフェスタに行ってきました。今回の講演会は事前予約制でしたが、仕事の予定が決まらず予約ができなかったので、当日の空きを狙って参加です。

開始30分前くらいから当日待ちの列が出来始めて、開始直前には100名以上の列になっていました。入れるかドキドキしましたが、事前予約した人が収容された時点で3分の1くらい席に空きがあったので、無事席に席を確保できました。

講演内容まとめ

前回参加した野村IRフェスタと同様に、優待投資家の小森さんとの対談形式でした。

以下、講演会の内容で気になったポイントです。

・減配しても優待が廃止されることは少ない

・株主優待は、資本主義社会で唯一少額投資家に有利な制度

・約10,000人が株のブログを書いている。その中で約1,000人が優待について書いている。

・桐谷さんは、年初来安値を気にしている

・分散投資が基本。優待株100株ずつがおススメ。

・トマピケティの話。賃金の伸びより、株や不動産の伸びの方が良い。だから、株式投資を行ったほうが良い。

・株主優待を実施している企業は、個人投資家に優しい

・余裕資金でやること。そうすると、暴落時のバーゲンセールにも対応できる

・ご年配の方は、優待を使うために外出することで、健康につながる。

不覚にも睡魔に襲われて、メモしきれなかった部分があったのが残念。桐谷さんは、退出時に用意された水をお持ち帰りされていました。節約面でもしっかりしてますね。

気になった企業

今回は、別で用事があったため午後から参加したので、あまり回ることができませんでした。

説明を聞いても、そこから投資判断できるほどの経験はありませんが、必要投資額や利回りから気になった企業は以下の2つ。

3447 信和

工事現場の足場を製造している会社。優待はありませんが利回り約4%、10万円前後で買えるのが良い。質疑応答で優待について質問がありましたが、しばらく新設はなさそうかなと感じました。足場は、買い替え需要があるので、継続した販売が見込めるとのことです。

7875 竹田印刷

半導体マスクを製造している会社。顔につけるマスクでなく、半導体製造の初期段階で必要になる部位とのこと。必要投資額が7万以下。株主優待もやってます。今までの事業にプラスして、企業の販促向上のサポート業務(ロジスティクス事業)を拡大させているそうです。あと5年くらいで創業100周年だそう。そのタイミングで、記念優待や配当があるかもしれませんね。

今後の予定

ここ最近、土曜休みが多いので投資関連のイベントに行けることが増えました。今週は、渋谷のロフトで桐谷さん展に行きます。3月1日(金)にご本人も登場するそうです。

あと、3月9日(土)のパンローリング主催の投資戦略フェアも参加予定。参加しても理解しきれない部分も多いですが、何事も経験。1つでも今の自分で吸収できるところあれば、良しとします。

以上、桐谷さん登場!東証IRフェスタに参加してしました でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする